高槻FC

5年小学生大会レポート


報告者:谷口

小学生大会予選

◼︎結果
13塚原SC

◼︎戦況
前半15分CKをヘディングでうまく合わされ先制点を与える。後半開始3分、クリアボールを中に入れてしまい、意表を突くミドルシュートを決められ2−0に。その後、点差から塚原にも気の緩みが見られ、ゲーム主導権を握り返し1点入れ返した。残り5分まではいい勝負をしていた。しかしながら、最後は前掛かりになっている時に中央を崩されダメ押し追加点を許し闘いが終わった。

◼︎所感
一日遅れのレポートです(汗)
チョイ前の(テレビ)大人サッカーで例えるなら…、
塚原バルサのペップ戦術に対し、高Fレアルはジョゼ戦術をとった。相手にボールを渡す事でゲームを逆に支配する…。高FはFP3−4システムでブロックを形成し、ミドルサード付近で奪い「マル」のカウンター狙い。強みを最大限に、弱みを最小限にする采配で挑んだ。
結果、敗けはしたが、塚原相手に適した戦い方で私はよかったと感じました。
塚原選手も、いつもの様にフォアチェックしてこない高Fに対し、どうビルドアップしていいのか❓どう前線にパスを供給すればいいのか解らない様子で戸惑った様子でした。

高F選手達も全員よく走っていたし気持ちもあった。
敗戦後、涙した選手も数人いた。個人的にはその涙の真意を知りたいし、今日からの努力に繋がっているのかをまた確認したい。
単に敗けたら終わりの試合に敗けたから❓
こういった戦い方を強いられたから❓
力量不足を味わったから❓

5年生諸君、真剣勝負の競技スポーツを楽しみたいならもっともっと貪欲に(サッカー)吸収努力しようぜー‼️